検査

新築の竣工検査(施主検査)でチェックすべきポイントとは?

いよいよ念願の新築一戸建てが完成し、引き渡し間近となると誰しもドキドキ、ワクワクで楽しみで仕方ないでしょう。

ですがその前に、施主様にとって大事な最後の仕事が待っています。

それが竣工検査です!

竣工検査は、施主様がご自身で建物のチェックをする最終検査の場です。

不備や不具合を見落とさないよう、事前にチェックポイントを決めておくなどの準備をして竣工検査に臨みましょう。

また、どの建築会社でも竣工検査が実施されるのが一般的ですが、もし施工業者から竣工検査の話がない場合には、必ず竣工検査を依頼しましょう。

こちらの記事では、竣工検査の際のチェックポイントや注意点について解説いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

 

竣工検査とは

竣工検査とは、工事終了時に建築会社、工事管理責任者、施主によって完成した建物に不備がないかを確認する最終検査のことで、施主検査ともいいます。

新築の竣工検査に最低限持参するものは?

竣工検査には、最終間取り図面、メジャー、デジカメ、マスキングテープは最低限持参するようにしましょう。

最終間取り図面建物が図面通りに建てられているかチェックするために使います。

メジャー特に冷蔵庫や洗濯機、その他家具などを設置する場所は、しっかり設置するモノが収まるか寸法をチェックするようにしましょう。

デジカメ傷や汚れなど気なるところは、トラブル防止のためにも証拠として写真に残しておきましょう。

マスキングテープ傷や汚れなど気なるところには、場所が分かるようにマスキングテープで印をつけておきましょう。

 

新築の竣工検査でのチェックポイントとは?

建物が図面通りできているか?

まずは最終間取り図面を見ながら、建物が図面通りにできているか確認しましょう。

収納の場所や大きさ、注文した設備、要望した色などなど…要望通りになっているか確認し、もし違う場合は取り替えてもらうように依頼することができます

 

傷や汚れなどはないか?

床やクロスなどの内装や設備に、傷や汚れなどはないかチェックしましょう。

外壁については傷や汚れやヒビ割れなどのチェックや、サイディングの場合であればシーリング材はキレイに塗られているかも確認する必要があります。

ただし、人が入って作業している以上は傷や汚れを0にすることは不可能ですので、細かく見過ぎて粗探しにならないようにしましょう。

 

ドアや窓に不具合はないか?

・ドアや窓の開閉やに不具合がないか?

・ドアの開く方向は間違いないか?

・ドアストッパーなどの必要な部品は取り付けられているか?

・キシミや隙間はないか?

特に見た目には問題なくても、実際に開閉してみると異常に重かったり、引っ掛かりがあったり、キシミがあるなどの不具合がある場合がありますので、必ず全てのドアや窓を開閉して確認するようにしましょう。

 

スイッチやコンセントに不具合はないか?

・電気のスイッチを入れてみて、ちゃんと電気が付くか?

・リモコンは機能するか?

・コンセントの数や設置位置に間違いはないか?

・インターホンはしっかり作動するか?

など、電気図面をチェックしながら不備がないか確認しましょう。

当たり前のことと思われがちですが、意外と『電気が点かない』なんてこともありますので、チェックを怠ってはいけません。

 

水はちゃんと流れるか?水漏れはないか?

キッチン、洗面所、トイレ、浴室などの水回りは1つずつ水を流してみて、ちゃんと水が流れるか確認しましょう。

またキッチンや洗面所などは水を流した状態でシンクや洗面台の下の部分を開けてみて、配管忘れなどがないか、また同時に水漏れがないかのチェックもするようにして下さい。

 

床のキシミはないか?

床は歩いてみると意外とキシミがあることがあります。

家の床をくまなく歩いてみて、キシミがないかチェックしましょう。

一部だけではなく、家の床全体を歩いて確認することが大切です。

 

要望が正しく反映されているか?

『キッチンの床だけタイルにしてほしい』

『お風呂に手すりを付けてほしい』

など、打合せの時の要望がしっかりと反映されているかのチェックもしましょう。

特に標準でないものを取り付けたり、標準のものを変更した場合などは、希望通りになっているか必ず確認しましょう。

 

事前にチェックポイントを決めておく

竣工検査のその場になって、何をチェックしようか考えていたのでは遅いです。

事前に上記で紹介したようなポイントをメモするなどして、チェックポイントを明確にしておくことでチェック漏れのないようにしましょう

 

第三者の専門家に同伴してもらうことで、工事のミスや手抜き工事を見抜く!

傷や汚れなどは建築の素人でも分かりますが、工事ミスや手抜き工事などに関しては、なかなか素人で見抜くは難しいです。

もし何か見つけて指摘したとしても、素人の少ない知識の中で戦うのは難しく、プロに専門用語を交えながらそれらしいことを言われて説得されてしまう、ということも起こりかねません。

そのため、建築士などの専門家に同伴してもらって竣工検査を行うのがベストといえるでしょう。

ただし、建築士に同伴してもらうためには当然費用が掛かりますので、その点も踏まえて建築士に依頼するのか否かをご判断いただきたいと思います。

 

納得のいく竣工検査が完了するまでの注意点とは?

竣工検査で不具合が見つかった場合には、手直し工事をしてもらった上で、再検査を行う必要があります。

この間、最終的に建物の状態に納得がいくまでは請求されても工事費用は払ってはいけません!

また、施工業者に書面などにサインを求められても、知らぬ間に完成検査証などにサインさせられる場合がありますので、サインにも応じないようにしましょう。

 

まとめ

新築の竣工検査でチェックするべきポイントについて解説いたしました。

竣工検査は、施主様がご自身で建物のチェックをする最終検査の場ですので、不備や不具合を見逃さないようしっかりとチェックしましょう。

もし不備や不具合を見つけたり不安に思うようなことがあれば、遠慮せずに申し出ることが大切です

ただし、粗探しをするようなことはないように注意しましょう。

人が入って作業している以上、少しの傷や汚れも全くないというのは不可能ですので、『僅かな傷や汚れも許さない』といったことはないようにしていただきたいと思います。

また、工事ミスや手抜き工事が心配な場合は、費用はかかりますが建築士などの専門家を同伴することがとても有効な手段です。

竣工検査は施主が建物をチェックできる大切な場ですので、こういった点に注意して事前に万全の準備をした上で、竣工検査に臨んでいただきたいと思います。